HOME>特集>日常会話との違いが大きく難しく感じることになる

ビジネス英語が必要になっている

先生

丸の内のオフィス街には、日本人だけでなく多くの外国人の働く姿がみられます。飛び交う言葉も千差万別になり、日本語以外にも多くの言語が聞こえて来ることが多くなって来ました。そんな丸の内で働く人たちも仕事帰りに寄るのが、居酒屋ではなく英会話教室が目立つようになっています。今となっては日本語だけでなく、英語も普通に話すことが必要な時代へと変換していると感じているのでしょう。職場からの指示がなくとも、積極的に英会話教室に通う人がみられます。簡単なコミュニケーションは互いの意思疎通から通じることもありますが、仕事上の英語には妥協が許されません。いい加減な言葉を使ってしまい、誤解を招いたまま仕事を続けてしまうと大変な結果を招く恐れも出て来ます。

我慢しかない時もある

スピーカー

丸の内で必要とされる英会話は日常会話も必要ですが、それ以上にビジネス英語が必要とされることになります。楽しく覚えることなどは無理なことで、挫折を味わいながらでも時間をかけて学習することしか方法がないのもビジネス英語のつらさと知っておくべきです。

上手になると楽しみも

先生

丸の内で学ぶ英会話はつらいものがあるのですが、上達するにつれて今度は楽しくなって来ると大方の人がいいます。スポーツと同様に上手になると楽しみも増えると言うことで、英語を使うことがごく普通になる嬉しさが感じると言われます。ビジネス英語は最初は大変に感じますが、ある一線を越えるまでが勝負と言う人もいると知っておきましょう。